マナティー研究所について

ごあいさつ 

体の大きな水生ほ乳類のマナティーは、まだ生態がよくわかっていません。だけど、浅い水の中で暮らすマナティーは人間のそばにいるため、乱獲や環境汚染で絶滅の危機に瀕しています。マナティーの保全は世界的な急務であり、生物保全の象徴的存在になっています。けれども、マナティーの知名度は低くて、その問題は無視され続けています。

私たちはマナティーの生態を知るための研究を発展させて、多くの人に彼らのことを知ってもらうことを目指しています。また、マナティーの調査をつづける中で、自然のすばらしさを知り、失われていく森や生物、年々異常になる気候など、環境問題を目の前のこととして認識できました。そのため、これまでの知識や経験を生かして、知ること,考えること,伝えること,行動することにつながる環境教育プログラムを開発,実践していくことを目指しています。

​​ マナティーってどんな動物?

体長3メートル以上の大きな水生ほ乳類です。海牛類(かいぎゅうるい)に分類されて、マナティー科とジュゴン科に分かれます。植物を食べる草食性で、水深3メートル程の浅い所にくらしています。​

海牛目マナティー科3種

  • ウェストインディアンマナティーTrichechus manatus

    • フロリダマナティーT. manatus latirostris

    • アンティリアンマナティー​T. manatus manatus

  • アフリカマナティーT. senegalensis

  • アマゾンマナティーT. inunguis

活動内容 

研究

マナティーの行動を研究しています。対象種はアマゾンマナティーとアフリカマナティーです。

​​くわしい情報はこちらから

環境教育

子供から大人まで対象にワークショップや授業を行っています。

 

くわしい情報はこちらから

教材開発

たのしく学べる教材や、VRを使った教材、マナティーのCGなどを準備しています。

 

くわしい情報はこちらから

事業報告はこちらからご参照ください

マナティー研究所のロゴ 

アマゾンマナティーを家紋風にしたものです。マナティー研究所は略してJAMES(Japan Manatee Education and Study lab)なので、ロゴの彼もJAMESとして親しんでいます。

マナティーの特徴である、1)胸びれにはがある、2)尾びれがしゃもじ型3)愛らしい姿、そしてアマゾンマナティーの特徴である1)黒い色の体、2)お腹の白い斑紋3)胸びれには爪がない​、を表しています。

研究所のメンバー 
 

菊池 夢美

代表理事

2007年からアマゾンマナティーの研究を開始,2019年からアフリカマナティー保全プロジェクトを実施中.2014年より京都大学・野生動物研究センター研究員.

​​さらにメンバー紹介を見る

田中 将太

理事

2016年から2年間,青年海外協力隊の環境教育隊員としてイキトスへ滞在.環境教育を拡める活動をイキトスの大学生とともに実施.

冨田 明広

理事

2004年から横浜市公立小学校教員として勤務.

2016年度JICA横浜の教師海外研修(ブラジル)に参加.

坪井 亜里沙

監事

2016年ブラジルのマナウスに微生物の研究で一年間留学.2018年に理学修士号を取得,アグリ系ベンチャーへ就職.2020年4月から当団体の監事へ就任.

一般社団法人 マナティー研究所

設立年度:2018年4月6日

役員:

代表理事;菊池夢美

理事;田中将太,   冨田明広

監事;坪井亜里沙

© 2018 -2020 by Japan Manatee Education and Study lab.