【今すぐ購入する】 野生復帰とは | マナティー研究所

「野生復帰」とは

ブラジルとペルーのアマゾン地域では,保護したアマゾンマナティーを再び川へ放流する「野生復帰」事業を行なっています.

飼育,半野生の環境,アマゾン川へと,3ステップで放流するソフトリリーシングを行います.

Step 1.飼育環境

ブラジルの国立アマゾン研究所(INPA)

アマゾン川で,衰弱したマナティーを発見した川沿いの村の人たちが,国立アマゾン研究所(INPA)に通報する

 

連絡網ができていて,通報を受けたメンバーがマナティーを保護しに行きます.

INPAは,アマゾン州の街,マナウスにある国立の研究所です.

 

マナティーの母乳成分を調べて作った特性ミルクで,保護した赤ちゃんを育てます.

ペルーのアマゾンレスキューセンター(CREA)

イキトスにある任意団体で,観光客向けの施設やリゾートホテルなどで,違法にマナティーの飼育をしていないか調査をして,

 

保護する活動を行なっています.

アマゾン川で衰弱したマナティーの保護も行なっています.

そして,アマゾンの大切さや,生物との共存の重要性を伝える環境教育を熱心に行なっています.

CREAは,アメリカのダラス国際水族館の協力を得て,こうした活動をしています.

Step 2. 半野生の環境

INPAとCREAは,どちらも保護したマナティーを元気になるまで育てて,そのあとすぐに「半野生の環境」へと

 

マナティーを移動させます.

これは,アマゾン川沿いにある湖で,マナティーの餌となる植物が生えていたり,アマゾン地域に特有の雨期と乾期で

 

川の水位が増減するのに従って,湖の水位も変化します.そして,湖にはアマゾン川の水が流れ込んでいるので

水質が濁ってます.

このような野生の環境に近い「半野生の環境」でマナティーたちは自力で餌を食べたり,アマゾン川の濁った水質に

 

なれたりと,川に戻る前のリハビリをします.

Step 3. アマゾン川

半野生の環境で健康なマナティーを選び,アマゾン川へと放流します

これは,保護活動の一環として行われていて,野生の個体数の回復に貢献すると期待されます.

そして,放流するマナティーの行動調査をすることで,自然な状態での生態が初めて明らかにできます.

アマゾンマナティーは,その生態が未だに謎に包まれています.

アマゾン川は濁った水質なので,目視観察ができず,数カ国をまたぐ広大なアマゾン川を調査するのは非常に困難です.

アマゾンマナティーは過去の大乱獲で生息数が激減してしまい,さらに,とても臆病で人間を避けて行動するため

野生のマナティーを観察するのはほぼ不可能です.

そこで,私たちはマナティーの野生復帰の機会を利用して,放流したマナティーから生態学的な情報を得ています.

マナティーの移動経路を調べるために,放流するときにはVHF発信機のついた尾びれ用ベルトを装着しています.

そのほか,行動や音を記録するデータロガーも装着して,マナティーの川での行動を詳しく調べます.

一般社団法人 マナティー研究所

設立年度:2018年4月6日

役員:

代表理事;菊池夢美

理事;田中将太,   冨田明広

監事;こくぼひろし

お問い合わせ >

E:  jamesmanatee2018 (atmark) gmail.com

© 2018 by Japan Manatee Education and Study lab.