研究紹介

​​ 1.野生復帰 

 

ブラジルやペルーのアマゾン地域では,保護したアマゾンマナティーを再び川へ放流する野生復帰事業を行なっています.

 

​飼育,半野生の環境,アマゾン川へと3ステップで放流するソフトリリーシングを行います.

 

​​代表理事の菊池は,2007年から野生復帰事業に参加して行動研究を行っています.

アマゾンマナティーの保護の経緯は様々です.

  • ​川岸で衰弱したマナティーを発見した人が研究所等に通報して保護

  • マナティーを違法に飼育している人や施設からの保護

  • マナティーを違法に売っている市場からの保護

 

アマゾン地域ではマナティーを食べるための密漁が行われています.

ブラジルでは『子供を連れた母マナティーの肉がおいしい』という迷信があって,お母さんを殺されてしまった赤ちゃんが保護されています.

 

また,ペルーでは観光客向けの施設でマナティーを違法に飼育していることがあります.

餌や環境が悪くて骨と皮にまで痩せて保護されたマナティーもいました.​

ステップ1. 飼育

保護されたマナティーは研究所や保護施設で飼育されます.

ブラジルの国立アマゾン研究所では,母乳を研究してつくられたミルクで赤ちゃんに授乳して,離乳まで3年近く育てます.

ステップ2. 半野生の環境

保護した赤ちゃんが離乳したり,怪我をしたマナティーが元気になったら半野生の湖へと移動させます.

ブラジルの国立アマゾン研究所は,アマゾン川沿いの湖を利用しています.

野生に近いポイント

  • 餌植物がたくさん生えている

  • アマゾン地域に特有の雨期と乾期で川の水位が増減する

  • ​魚やカメなど,他の生物も暮らしている

​このような環境で,マナティーは自力で餌を食べたり,アマゾン川の水質や環境に慣れたり,川に戻るためのリハビリをします.

ステップ3. アマゾン川

半野生の湖では定期的な健康診断を行なっているので,健康なマナティーを選んでアマゾン川へと放流します.

そして放流後のマナティーを追跡調査することで,野生に適応したかどうかを確認します.

VHF発信機のついた尾びれ用ベルトを装着して追跡調査しています.放流して終わりではなく,放流後の追跡調査までが一連のプログラムです.

 

この追跡調査では,おおまかな移動経路と活動量をしらべています.

さらに詳しい行動を調べるため,私はバイオロギング研究をマナティーで行なっています.

 2.バイオロギング研究  

 

小さな記録装置(データロガー)を直接動物にくっつけて,行動や音などの詳細な情報を記録する研究方法です.

つまり,動物自身にありのままの行動を記録してもらうことができます.

私は,吸盤または尾びれのベルトを使ってアマゾンマナティーにデータロガーを装着します.

データロガーは浮力体で作ったケースに入っていて,外れたら水面に浮きます.

 

浮いている場所を見つけるために,VHF発信機を一緒につけています.

八木アンテナを使って発信機からの信号を受信し,データロガーを見つけて回収します.

放流後の活動割合や移動経路の構築,鳴き声や食べる音などを調べています.

授乳期間中のお母さんと子供は鳴き声でコミュニケーションをとると言われています.

過去の研究で「アマゾンマナティーの鳴き声には個体特性がある」と報告されました.

鳴き声は個体ごとに特徴があって違うということです.

 

私は,アマゾンマナティーの赤ちゃんが特定の相手の鳴き声を認識しているか調べています.

  • 赤ちゃんは特定の相手(お母さん等)の鳴き声がわかる?

  • その鳴き声を記憶する?

  • オスとメスで反応の違いはある?

鳴き声 - Mutuca
00:00 / 00:00
鳴き声2 - Miriti
00:00 / 00:00
鳴き声 - ID 209
00:00 / 00:00

2019年からはカメルーンのアフリカマナティーの鳴き声を調べています.

​アフリカマナティーについてはほとんど研究がされていないので,これからたくさんの情報を得られると期待しています.

 3.音で食べる行動を知る  

 

マナティーは草食性です.

植物を噛んで食べるときにシャクシャクと音がなります.

この音を録音して摂餌(せつじ)行動を調べています.

 

野生復帰で放流するマナティーに録音機を装着して,いつ餌を食べているのか調べることができます.

摂餌のスタート時刻,頻度,時間帯などを詳しく調べています.

 

また,食べる音の違いで植物の種類や食べた量を調べようとしています.

食べる音1 - Mapixari
00:00 / 00:00
食べる音2 - Matupa
00:00 / 00:00

一般社団法人 マナティー研究所

設立年度:2018年4月6日

役員:

代表理事;菊池夢美

理事;田中将太,   冨田明広

監事;坪井亜里沙

© 2018 -2020 by Japan Manatee Education and Study lab.