プロジェクト

 マナティー研究者の菊池夢美は、ブラジルの国立アマゾン研究所やペルーのアマゾンレスキューセンターと協力して、マナティーの野生復帰事業での行動調査を行っています。バイオロギングという方法をつかって、川へ放流したマナティーの行動をくわしく調べています。

 また、わたしたちはカメルーンのアフリカ海生ほ乳類保護団体(AMMCO)と協力して、アフリカマナティー保全プロジェクトをすすめています。

マナティーの野生復帰事業 

 

ブラジルやペルーのアマゾン地域では、保護したアマゾンマナティーを再び川へ放流する野生復帰事業を行なっています。​現在は、飼育・半野生の湖・アマゾン川へと3ステップで放流するソフトリリーシングを行っています。​​代表理事の菊池夢美は、2007年から野生復帰事業に参加して行動研究を行っています。

DSC_3250_edited.jpg
© マナティー研究所

アマゾンマナティーの保護の経緯は様々です。

  • ​川岸で衰弱したマナティーを発見した人が研究所等に通報して保護

  • マナティーを違法に飼育している人や施設からの保護

  • マナティーを違法に売っている市場からの保護

 

アマゾン地域ではマナティーを食べるための密漁がつづいています。特にブラジルでは『子供を連れたお母さんマナティーの肉がおいしい』という迷信があるため、お母さんを殺されてしまった赤ちゃんがたくさん保護されています。また、ペルーでは観光客向けの施設でマナティーを違法に飼育していることがあります。エサや環境が悪くて、骨と皮にまでやせて保護されたマナティーもいました。​

ステップ1 保護・飼育

Amazon manatee baby
© マナティー研究所

保護されたマナティーは研究所や保護施設で飼育されます。ブラジルの国立アマゾン研究所では、母乳を研究してつくられたミルクをあげて、離乳まで3年近く育てます。

ステップ2 半野生の環境

water lettuce
© マナティー研究所

赤ちゃんが離乳したり、ケガをしたマナティーが元気になったりしたら、半野生の湖へと移動させます。

ここには、マナティーのエサ植物がたくさん生えているので、自分でエサをたべるトレーニングができます。

そして、アマゾン地域に特有の雨期と乾期で川の水位が増減することを経験できます。さらに、​魚やカメなど他の生物も暮らしている環境に慣れることができます。​このような環境で,マナティーは川に戻るためのリハビリ期間を過ごします。

ステップ3 アマゾン川

© マナティー研究所
releasing manatee
© マナティー研究所

半野生の湖で定期的な健康診断を行ない、健康なマナティーを選んでアマゾン川へと放流します。放流後のマナティーを追跡調査することで、野生への適応を確認します。放流して終わりではなく、放流後の追跡調査までが野生復帰です。

調査では、おおまかな移動経路と活動量をしらべています。さらに詳しい行動を調べるために、菊池夢美バイオロギング研究をマナティーで行なっています。

 バイオロギング研究

 
bio-logging in manatee

小さな記録装置(データロガー)を直接動物にくっつけて、行動や音などのくわしい情報を記録する研究方法です。動物自身にありのままの行動を記録してもらうことができます。マナティーでは、放流後の活動割合や移動経路、そして鳴き声や食べる音などを調べています。

 

菊池夢美は、吸盤や尾びれ用ベルトを使って、アマゾンマナティーにデータロガーを装着しています。データロガーは浮力体で作ったケースに入っているので、外れたら水面に浮いてきます。

 

いっしょにつけたVHF発信機からの信号を八木アンテナを使って受信して、浮いている場所を見つけて回収します。

© マナティー研究所

授乳期間中のお母さんと子供は鳴き声でコミュニケーションをとると言われています。過去の研究で「アマゾンマナティーの鳴き声には個体特性がある」と報告されました。つまり、鳴き声は個体ごとに特徴があって違うということです。

菊池は特に、アマゾンマナティーの赤ちゃんが特定の相手の鳴き声を認識しているか調べています。

鳴き声 - Mutuca
00:0000:00
鳴き声2 - Miriti
00:0000:00
鳴き声 - ID 209
00:0000:00

マナティーは草食性です。植物をかんで食べるときにシャクシャクと音がなります。この音を録音してエサを食べる行動を調べています。

 

放流するマナティーに水中録音機を装着して、記録した音からいつエサを食べているのか調べることができます。エサを食べ始める時刻、頻度、時間帯などを詳しく調べています。また、食べる音の違いで植物の種類や食べた量を調べようとしています。

食べる音1 - Mapixari
00:0000:00
食べる音2 - Matupa
00:0000:00

アフリカマナティーの保全

 
P2060030_edited.jpg
© マナティー研究所

2019年からは、カメルーンの海生ほ乳類保護団体(AMMCO)と協力して、アフリカマナティー保全プロジェクトをすすめています。

カメルーンのディザンゲにあるOssa湖が対象地域です。ここにはたくさんの野生アフリカマナティーがくらしています。

 

これまでにアフリカマナティーについての情報はほとんどありません。アフリカマナティーは、海牛類の中で一番研究がされていない、生態が謎に包まれている種です。というのも、彼らの住んでいる川や湖は泥で濁っていて水中が見えないからです。

P2100557_edited_edited.jpg
© マナティー研究所

カメルーンでは、漁師さんの漁網にマナティーが混獲される事故が起きています。また、漁網にからまって網を壊して逃げるマナティーも多く、漁師さんたちがその網を直すための費用には年収の10%以上もかかっています。そのためマナティーを害獣と考える人もいて、法律で保護されているのですが、駆除として補殺されることもあります。わたしたちは、マナティーが混獲しないような新しい漁法を開発し、その普及をすすめています。

P2070189%2520(1)_edited_edited.jpg
© マナティー研究所

そして、現地の人たちとマナティーが共存するためには、マナティーのことを正しく知ってもらい、保全へ協力してもらうことが必要です。

わたしたちは地域の学校や、漁師さんたち、村の人たちを対象に環境教育もすすめています。

P2100565_edited.jpg
© マナティー研究所

Ossa湖では新たな問題が起きています。外来種の浮草 Salvinia molestaが大繁殖して、たった数年で湖の半分以上を埋め尽くすようになりました。

漁業はできなくなり、さらに、この浮草が生えている水域ではマナティーのえさ植物が枯れてしまう現象がおきています。このままでは人もマナティーも、そしてまだわかっていない他の水生生物たちも大変なダメージを受けると考えられます。この外来種の駆除もすすめています。

P2080335_edited.jpg

私たちはエコツアーを開発しています。Ossa湖では、泳いだり、トレッキングをしたり、バーベキューで魚を料理したり、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。

 

また、湖の一画を利用して、マナティーの保護施設をつくることを目指しています。現地にはマナティーを飼育する施設がありません。魚網に絡まったり、怪我をしたマナティーを保護する施設が必要です。

マナティー保護施設は、地域の人や観光客への環境教育にも利用できます。水が濁っていて見ることができないアフリカマナティーを見られる施設は、エコツアーのスポットとして活用できます。

マナティーを守ることで地域の経済も活性化されることが理解されれば、ここにくらす人たちによるマナティーの保全と共存が持続すると期待しています。

本プロジェクトは独)環境再生保全機構 地球環境基金の助成を受けて実施しています。