2022年サイエンスカフェ -生物多様性のたいせつさを考える-

今年もオンラインで、マナティー研究所のサイエンスカフェを開催します!


テーマは「生物多様性のたいせつさを考える」


事前申し込みをしていただくと、参加費は無料です。

研究者たちから、直接話を聞ける機会をお見逃しなく!


2022/6/11(土)10:30 - 12:00 マナティーの見ている世界

菊池夢美、京大野生研 / マナティー研究所


マナティーは海牛類に分類される大きな水生ほ乳類です。

彼らはどんな環境で暮らしているのでしょうか?


今回は、アマゾン川の固有種であるアマゾンマナティーを対象にして、現地で撮影した写真や映像、音データなどを紹介しながら、皆様にアマゾンを体感していただこうと思っています。


マナティー目線で、彼らの住んでいるところを見てみましょう!

そうすることで、マナティーが生態系の中でどんな役割を持っているのか、わかってくるかもしれません。


そして、アマゾン地域で起きている環境変化についてもご紹介します。

こうした環境変化が、マナティーたちにどんな影響を及ぼすのでしょう?


イネ科の草を食べているアマゾンマナティー(ブラジル国立アマゾン研究所)




2022/6/11(土)14:00 - 15:30 サンゴ礁: 生物多様性のホットスポット

-サンゴと魚のはなし-

江川博子、大嶽 若緒(国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター )、名波敦(水産技術研究所)


沖縄の海に広がるサンゴ礁、とても美しいですよね。

テレビでもよく見かけますし、海に潜って見たことがある人も多いと思います。


ところで、ご存知ですか?


石垣島と西表島に広がる八重山諸島海域に広がるサンゴ礁は、日本最大

約360種類ものサンゴが確認されていて、世界有数の生物多様性の宝庫なんです。


サンゴはどんな生きものなの?

サンゴにはどんな形のものがいるの?

なぜサンゴは減ってしまっているの?


そして、サンゴが海の生きものたちにとって、どんな役割を持っているのか、ご存知でしょうか?


サンゴ礁について、研究者たちから直接話を聞けるチャンスです!


サンゴ礁の上で休んでいるアオウミガメ(石垣島)



サイエンスカフェは、Zoomでのオンライン開催となります。


土曜日の一日を、生物多様性について考える日にしませんか?


皆様のご参加をお待ちしています!



 

イベント概要


テーマ:生物多様性のたいせつさを考える


キーワード:生物多様性、絶滅危惧種、保全、保護、共存、海牛類、マナティー、ジュゴン、クジラ、バイオロギング、サンゴ礁、八重山諸島、魚、海


日時と発表者(敬称略)


2022/6/11 (土) 10:30〜12:00 マナティーの見ている世界

講師|菊池夢美(京大野生研 / マナティー研)


2022/6/11 (土) 14:00〜15:30  サンゴ礁:生物多様性のホットスポット -サンゴと魚のはなし-

講師|江川博子、大嶽 若緒(COREMOC)、名波敦(水産技術研究所)


2022/6/18 (土) 10:30〜12:00 クジラをとおして生物多様性について考える

講師|中村玄(海洋大)


2022/6/18 (土) 14:00〜15:30 マッコウクジラ目線で調べる行動と人間の暮らし

講師|青木かがり(東大大海研)


定員:先着100名(各回)


対象:どなたでも(内容の難易度は高校生以上です)


参加費

  • 当日参加は無料(事前申し込みが必要です)

  • 事後視聴は2,000円(全4回分の映像をyoutubeにてご視聴いただけます。視聴可能期限はイベント終了後から3週間です。)

お申し込み方法:Peatixでのチケット申し込み

https://manateelab2022.peatix.com


お申し込み期限

  • 当日参加:イベント開催日の前日17時までの受付です。

  • 事後視聴:6/18(土)23時までの受付です。


注意

  • オンラインでZoomを利用して開催します

  • 事前にお申し込みされた方のみご参加いただけます

  • イベントの動画や内容についての撮影はご遠慮ください

主催一般社団法人マナティー研究所

閲覧数:26回

最新記事

すべて表示